気になったこととかテキトーに

menu

ΑΙΩΝ

瞳の書 08-2

汝らは、苦しみ続け、喜び続ける。すべてが見えていないからである。そして、自らを覆い、裏切り、光を当てぬが故に、永遠に苦しみ続ける。そして、人の本質すら見失うのだ。即ち、これが、無限の可能性の放棄である、諦めである。

ここにおいて、私は、処世の術を教える。汝らは、問いかけるがよい。己に生かすことを。

男と女とは?性別が2種しかないのは?

男と女は違いを持つ。そして、愛し合う。違うものと一つになりたいという、すべてのものに当てはまる根元の願いによって。違いを認めることによって、存在が引き立つ。アンドロギュヌスは、初めからではない。男と女の違いを知って、その上で一つであるのだ。それは、混沌でなく、秩序である故に。そして、それが愛である。存在と非存在のように、すべてのものは、無の本質を持つ。故に、男と女の二種しかないのである。男と分けるから、女があるというように。

問いなさい。そして、その何が知りたいのかをいいなさい。

プラナー等と呼ばれたりする“気”とは?

すべてに与えられている力。存在が存在であるために。

生命力とは?

あるための力、意志、欲望、願い。

欲望とは何故生じるのか?

あるために。願いも然り。

炎のような物理的にまだよく分かっていない物を説明できるか?

心とは何か。そのようなものである。波動である。すべては。

ギャンブルで常勝するには?

自分自身であると認識した上で、信じなさい。“運”というのは闇であり、逃げ道である。照らしてしまいなさい。

超能力とか霊感とか、人を超越した力は実在するのか?

自己が実現したとき、神、即ち、法の個性となったとき、すべてである自分に働きかける当然の力であり、これが汝らのいう“魔術”や“超能力”である。これを得るためには、自己を掴め。肉体においても、魂においても。すべての闇や、迷いや、捕らわれを如実に見つめ、統合せよ。それだけのことです。

病魔を寄せ付けぬには?

調和を保つということが、生き続けるということである。原因はすべて、己の内にある。それを見極めた上で、自分自身に祈りなさい。

死なぬには?

・・・・・少し沈黙が続く・・・・・

死と調和することが出来たならば、不老不死も不可能なことではない。しかし、肉体の段階でこれを成しえた者は、ほとんどいない。今日はひとまずここまで。また何れ。

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年8月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031