気になったこととかテキトーに

menu

ΑΙΩΝ

最近起こってる奇妙な出来事 02

さて、山を下りて、対になっている?のか、同じ日にお祭りをする水神様の社があって、ここにも手を合わせてきた。

すぐ横辺りでコンコンと湧き出る湧き水。どんなに雨が降らないような日照りでも枯れたことがないらしいとのこと。きっちりと手持ちの空のペットボトル一本分の強奪にも成功w

ここまでなら、“こんな事もあるか”って程度で済むと思うのだが、変だと思うのは小さな黒い巾着袋が、本来落とすことのない様な場所に収納していたと言うことだ。

ここからはまだ誰にも話していないことなのだが、当日Kawaはウェストポーチを所持しており、山を登っていく途中、携帯に電話があったり、デジカメを何度か出し入れしたりで、開ける機会はあったのさ。

が、黒い巾着はポーチに入れてはいたのだけど、携帯やデジカメとは違うファスナーポケットに入ってたという事実。しかも、同じポケットには巾着にこそ入れていなかったけどラピスラズリの勾玉も入っていた。しかし、これは落とすことなく収納場所に佇んでいたんだわ。

“翡翠”“ギベオン隕石”の入った巾着だけ、気がつかない間に置き去りにされた状態。どちらも力のある石だから、どちらかを嫌ったのか、もしくは両方かも知れないけど、上には持って行かせて貰えなかった。

明確にこの日が境だったかはだったかの自信はないけれど、“何か”を連れてきてしまったのか、微妙に右肩が重い。そして、この日の数日後に “さたき” の夢を見ることになる。

Kawaは、肩こりというモノをきっちりと理解していない。幸か不幸か、肩がこってないから揉み甲斐が無いと言われたことが何度か有る。

そんな状態なので、この肩の重い状態というのが、肩こりといわれるようなモノなのかどうか、実は定かではないのだが、漠然と肩こりってこんな感じかな?って思ってる。

重いというか、鈍い痛みというか、とにかく左肩とは明らかに違う感覚。特に痛くて困ってるわけでも、生活に差し障りがあるわけでもない程度の違和感が右肩に有って、しかも残念なことに?現在進行形である。

565氏は、Kawaに、“何かをやらせようとしてる。事が成されるまでいつも気にしなさい。”という、西洋で言う聖痕のようなモノだとしたら、憑いてるモノが満足するまで無くならないかも?とか言いだしやがるw

Kawaの右肩は居心地が良いのか、沖縄の久高島での事件の時も、付いてきていた御先祖様は右肩だったw

ちょうどこの御先祖様と入れ違いに入ってこられた感じ。さたきについて夢を見たのを筆頭に、強く印象に残る、意味ありげな夢をよく見るようになった。夢日記を付けるようになったのも、これがきっかけだったりする。

その時に見た夢の内容は、そのうちに書くことにするが、厳島や琵琶湖に引きずり回される原因を作った内容で、憑いているモノが、夢を通してKawaにアクセスしてるとも取れる感じ。いつ解放されるかは未定だったりするw

ひとまずはここまで。まだ続編があるかも?知れないが、またの機会にw

関連記事

コメントは利用できません。

カレンダー

2018年6月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930